食べたあとすぐごろ寝で痩せる

昔は、「食べたあとすぐ寝ると牛になる」と言われていましたが、現在、食後の正しいごろ寝は、痩せやすい体になり、究極のずぼらダイエットになります。

呼吸など、生命維持のために安静にしていても使われるエネルギーである基礎代謝は、27%が肝臓で行われ、人体の中で最も多くのエネルギーが消費されています。

食後に胃や腸から肝臓へ流れる血量が増加することによって蓄えられるエネルギーを効率よく消費させ、ダイエット効果を期待するには肝臓を活性化することが必要です。

肝臓を活性化させる方法は、正しいごろ寝をすることです。 重力によって血流が増え肝臓を活性化させるために、頭と足を約30cm上げて肝臓が下にくるように体の右側を下にして寝ます。

長時間のごろ寝は、肝臓が休息してしまい、エネルギーが消費されず脂肪として蓄積されてしまい逆効果です。 15分から30分のごろ寝がいいでしょう。

正しいごろ寝をすることに注意すれば、食後に簡単にダイエットできるなんて、こんなにうれしいことはありません。